岡本的毛髪理論−3

気づいたら三月になっちゃいました。
二月は逃げる、三月は去る、ですね

ダメージのお話の続き

3無意識にしている髪の扱い方でもダメージしている事があります

例えば髪の毛をさわる癖のある場合、
前髪の長いスタイルで分け目の髪の毛が切れたりします。
これは髪をさわる癖による物理的な刺激が髪の毛に負担をかけます。

半乾きのまま寝るのも、枕との摩擦でダメージします。

前回のアイロンの時にも少し触れましたが

「髪の毛は濡れている時はダメージしやすい」です。

髪は濡れていると膨潤といって、ふやけた状態になっています、
ここに物理的に摩擦が加わると乾いた時より強くダメージします。

そのまま
4家でのシャンプーの方法の話
になりますが

髪の長い方はシャンプーを泡立てる時に、毛先でこすり合わせて泡立てたりするのも
あまり良くないです。泡立ちが悪いときは一度流して、二度洗いしましょう。

どんなに良いシャンプーを使っても。しっかり泡立っていないと洗い上がりはいまいちです。
洗顔と同じで、泡で優しく洗って下さい。

美容室でのシャンプーはマッサージや薬剤を落とすためこすり洗いをしていますが、
家でのシャンプーはたっぷり泡立てて、2〜3分マッサージ程度でも良いと思います。
「髪様シャンプー」
http://matome.naver.jp/odai/2138245262677592601
http://www.3710.co.jp/shampoo/shampoo3.html
なんていう理容師さんが開発した育毛の為のシャンプーの方法もあります。
マッサージの方法が詳しくのっています。

トリートメントは髪の中間〜毛先です。
根元や地肌にトリートメントが付いてもあまり良い事はないと思います。

トリートメントを付けたら「クシでとかして」あげましょう。
一手間加えるだけで、トリートメント効果をもっと引き出せます。

「クシでとかす」 意外と効果あります。
この時使うクシはあまり目の細かいクシだと摩擦が強いので、
少し目の荒いもののが良いです。

最後はしっかりすすいで下さい。
頭皮よりも背中をはじめ身体の方が経皮吸収率は高いので
流したお湯が残らない様に注意です。

今回はここまで

mikke okamoto

opening hours
Monday~Sunday 9:30am~20:00pm
*お時間融通ききますのでご相談下さい

CLOSED ON TUESDAY 火曜日定休

〒542-0064
大阪府大阪市中央区上汐2ー4ー2サンキビル1F

TEL0643035645

*shampoo&treatment 10ml~ 業務価格(約20%OFF)の量り売りを始めました。

どうぞよろしくお願い致します。

instagram
https://instagram.com/mikke_okamoto/

facebook
https://www.facebook.com/mikke.hairsalon?ref=bookmarks


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)