岡本的毛髪理論-2

前回の続き

傷んできてどうしてもダメージが気になったときは
何かしらのトリートメントに頼る事になると思います。

だけどダメージしないように日々のケアが出来れば、そういった物の力を借りなくて住むかもしれません。

そもそもどうして髪は傷むか
1カラー・パーマの薬品によるダメージです。
2コテやストレートアイロンの高温によるダメージ
3無意識の内にしている髪の扱い方
4シャンプーそのもの、もしくは家でのシャンプー、トリートメントの方法

他にもあるとは思いますが、今思い浮かんだのはこの辺りです。

1のカラーパーマ等の薬品よるダメージ
やり過ぎはダメージになります。
僕は基本的に恐がりなので、ダメージが危ないときはパーマ等お断りしています。
できるだけダメージしない様配慮しながら、残留薬剤もしっかり除去しながら今もしていますが
これからもっともっと、です。
ホームカラーのデメリットはまた別の機会にお話します。

2はミディアム〜ロングの方はお家でする機会がおいと思いますが、
アイロンの温度はmaxでも150度前後がオススメです。
180度越えると「タンパク変性」という減少が起こり、ダメージに繋がります。
髪の毛には再生能力はないので一度変性したら戻りません。

で、アイロンで熱処理する際に最も注意して頂きたいのが

『絶対に乾いた状態で行う』

めちゃくちゃ大事です。
さっきのタンパク変性の話は、乾いた状態の時の場合です
湿った状態だと60度でタンパク変性します。
つまり乾ききっていない状態で、アイロンの熱処理をすると、
ダメージは通常の何倍にもなります。

しっかり乾かすの大事です。

3と4はまた次回に

mikke okamoto

opening hours
Monday~Sunday 9:30am~20:00pm
*お時間融通ききますのでご相談下さい

CLOSED ON TUESDAY 火曜日定休

〒542-0064
大阪府大阪市中央区上汐2ー4ー2サンキビル1F

TEL0643035645

*shampoo&treatment 10ml~ 業務価格(約20%OFF)の量り売りを始めました。

どうぞよろしくお願い致します。


岡本的毛髪理論

日頃から、基本的には髪の毛の事を考えています
ここ数ヶ月はずっとメインに
シャンプーとトリートメントのこと
スタイリング剤のこと
スタイルの毛先のニュアンスのこと

を頭の中で妄想しています。

髪の毛に関する事って一般的に流れている情報量が多すぎると思う
情報量に対して根拠のある「本当」の情報は少ないし、
「言い回し」なんかでも余計に複雑化していると思う。

こういった事を整理して伝えていくのが
髪を任せて頂いた「責任」だと思う。

なのでmikkeに来て頂いているみなさんには、
ちゃんとした知識を持って頂きたいと思っています。
ただこの知識はいろんな情報を『僕』が整理したものです。
なので日々変化はしてきます。

一番始めに知っておいてほしい事は

髪の毛は毛根から押し出された、死んだ細胞の連なりです。
基本的に「生き返る」なんてありえません。
きわどい言い回しはいろんなところで目にします…

ただダメージしてしまった髪の毛を、
「ダメージがなくなったように見せる」ことと
「今以上にダメージさせない事」はできます。

この時には
1、お風呂で毎日使っているトリートメント
2、洗い流さないトリートメント
3、お店でするトリートメント
のいずれかの力を借りる必要があります。

オススメは2です。
洗い流さないトリートメントは持続力はありませんが、
その時の手触りや質感への影響力はお店でするトリートメント並のものもあります。
価格もお店でするトリートメントとよりも安い場合が多いので、手を付けやすいと思います。
何よりのメリットが、仕上げのスタイリングに一番影響すること。
「毎日きれいな状態にその都度整えてあげる」といったケアの仕方ですね。
意外とめんどくさくないですよ。

あと、
引っ掛かり=ダメージと思ってしまうことが多いと思いますが
ほとんどの場合は毛先3センチ以内だと思います。
ダメージは毛先から出てきます。
毛先より根元の髪の方がダメージしているなんて事は今まで見た事ありません。

だけど全体的に引っ掛かる!

というのは、
元々の髪質が細く、水分を吸収しやすい髪の方の場合が多いです。
こういった方はダメージしている訳ではなくて、
水分を吸収してキューティクルが開いた髪が「絡まっている」状態なので、
洗い流さないトリートメント使って、櫛でとかしてあげるといいですね。

もうひとつの場合は軽いスタイルにしていてすいた髪の『毛先』や
新しく生えてきて伸びている『毛先』がダメージして全体に引っ掛かる場合です。
この時もトリートメントの力を借りるか、
全体の毛先をカットしてあげると、ずいぶん扱い易くなります。
(あ〜あのカットの事だな、と思う方いらっしゃると思います)

何れにせよ、以外とダメージしていないです。

「ダメージがひどいので15センチくらい切らないと無理ですね!」
とかは、僕の感覚ではないな〜と思います。

しっかりしたケアをしてあげると、
スタイルも作りやすくなり、扱いやすくなります。

ただ傷んだ髪が生き返る事はないので、
ダメージさせない事がとっっっっても大事です。

もし傷んでしまったら、傷んでいないようにお化粧でごまかすといった感じです。

一回で書ききれるないようではないので、ここまで。
*全て僕の感覚です。

mikke okamoto

opening hours
Monday~Sunday 9:30am~20:00pm
*お時間融通ききますのでご相談下さい

CLOSED ON TUESDAY 火曜日定休

〒542-0064
大阪府大阪市中央区上汐2ー4ー2サンキビル1F

TEL0643035645

*shampoo&treatment 10ml~ 業務価格(約20%OFF)の量り売りを始めました。

どうぞよろしくお願い致します。


シンズキッチン

お店でもカレーの話になると熱くなるのでよくご存知の方もいらっしゃると思いますが、僕はカレーに目がありません。特にスパイスカレー。最近はさぼり気味ですが、自分でも作ります。

先日コンビニでついつい買ってしまったカレーの本。

20150117_083136171_iOS

お店においてあります。お腹空いてる時は後悔します、本当においしそうなカレーがいっぱい。

そのなかに以前から気になっていたお店を発見!

日本橋にある『シンズキッチン』

mikkeからぶらぶら散歩がてら歩ける程の距離です。

お客さんと『ここ気になってるんです〜』なんて話してたら、余計に行きたくなって
お休みに行きました。

100点。完全に美味しい。ビックリしました。

20150203_041723002_iOS (1)
バターチキンとマトンのあいがけカレーライス。

20150203_042052777_iOS (1)
こちらはレディースセット。
カレー4種類付いてきます。

インドに行ってた妻曰く『本場の味』だそうです。

ほんとに毎週行きたいくらい。
思い出しただけで少し幸せになります。
カレー好きな人には行ってほしいな〜

久々のブログは食べログみたいになってしまいました。

mikke okamoto

opening hours
Monday~Sunday 9:30am~20:00pm
*お時間融通ききますのでご相談下さい

CLOSED ON TUESDAY 火曜日定休

〒542-0064
大阪府大阪市中央区上汐2ー4ー2サンキビル1F

TEL0643035645

*shampoo&treatment 10ml~ 業務価格(約20%OFF)の量り売りを始めました。

どうぞよろしくお願い致します。